がんの初期症状を把握して発見を遅れないようにする

がんの初期症状を知っておく

がんの種類によって初期症状は異なります。ですから、初期症状にどのような違いがあるのかを知っておくと早期の発見に繋がることでしょう。

様々ながんの初期症状

病院

初期症状が分かりにくいがんがある

がんの中には喉が痛むなどの風邪の症状に良く似た初期症状があります。その為、発見が遅れることも少なくありません。発見が遅れると大掛かりな治療をしないといけなくなるので、少しでも身体に異変を感じれば池袋クリニックで診てもらうことが大切です。

背中が痛む初期症状

背中の痛みとがんに繋がりがあるとご存知の人は少ないのではないでしょうか。また、背中が痛んでも持病の腰痛や筋肉痛だと勘違いしてそのままにしがちです。しかし、背中の痛みはがんの初期症状の可能性があると知っておきましょう。

しこりが出現する

乳がんなどの皮膚に近いがんはしこりが出てくる場合があります。ですから、定期的にしこりがないか確認する必要があるといえます。

便の色が悪い

大腸がんなどの腸内にがんができると便に異常が見えます。分かりやすい特徴としては、がんによって腸内が出血してそのまま排便することで血便がでるようになります。

体重が急に減少する

体重の減少はほとんどのがんに起きる初期症状です。ですから、体重が急に落ちたと感じた時はがんの可能性があると考えましょう。